2016年12月14日 17:2528601

【東ビアの泉】九十九姉妹は、元ネタでは3人組の妖怪

※放送時、解釈例として掲載した内容は「意訳例」です。また、『百鬼夜行絵巻』の写本としていたものは不正確のため、表現を改めました。意訳例は、民俗学の学者さんによる監修のもと掲載...すべて表示
※放送時、解釈例として掲載した内容は「意訳例」です。また、『百鬼夜行絵巻』の写本としていたものは不正確のため、表現を改めました。意訳例は、民俗学の学者さんによる監修のもと掲載しています。

琴と琵琶の付喪神である九十九姉妹は、『百鬼夜行絵巻』に描かれている妖怪が元ネタである。
その一種でもある『百器徒然袋』(鳥山石燕著)によると、他にも三味線の妖怪が仲間として描かれていることがわかる。
なお、鳥山石燕の書物は『東方鈴奈庵』でも取り上げられている。

情報ソース:『百鬼夜行絵巻』(国立国会図書館デジタルコレクション)、『百器徒然袋』(鳥山石燕/国立国会図書館デジタルコレクション)

『第8回東方ニコ童祭Ex』の生放送番組『東ビアの泉 ~ 素晴らしき東方知識』で使用したスライドです。
放送時の誤字や表現などを一部修正しています。

★東ビアの泉の本放送アーカイブ sm30231963
★『東方動画を作ろう!』講座アーカイブ mylist/57731224
★放送ネタ一覧
  kn2040【No.001】弾幕勝負中に、戦いを諦めたキャラクターがいる
  kn2041【No.002】上海アリスのサイトには、公開されないまま忘れられた曲がある
  kn2042【No.003】かつて、直筆の伊吹萃香の設定画を公開していたことがある
  kn2043【No.004】15分で作られた東方曲がある
  kn2044【No.005】符も名前も同じスペルカードを持つペアは、八雲藍と八雲紫の一組だけ
  kn2045【No.006】霧雨魔理沙は時々、竹箒にも乗っている
  kn2046【No.007】九十九姉妹は、元ネタでは3人組の妖怪
  kn2047【No.008】『求代目の紅茶会』のサークル案内は、稗田郵便局から発送される▲説明文を閉じる
353523
スライド制作者H.N.WPKIDS@きっずさん